アート引越し業者

アート引越し業者に頼んで正解でした

アート引越し業者の梱包・配送のパックを利用しました。

 

梱包はすごく丁寧で安心してお任せできましたし、作業もとてもスムーズで、自分たちが思っているより早く引越しができ、とても助かりました。

 

一番感動したのは、自分で組み立てるタイプのテーブルがグラグラしているのに気づいたアート引越し業者のリーダーの方が「このテーブル、ネジの止め方が逆ですよ。直しておきますね。」とグラグラしないように組み立て直してくれたことです。

 

自分たちでも気づかなかった細かことに気づくだけでなく、自らそんなことまでやってくれるんだ、と嬉しかったです。

 

いくつか業者に見積もりをとって、最終的にアート引越し業者に決めましたが、見積もり時の時から感じが良く、自分たたの直感は間違っていなかった、と思いました。

 

引っ越しのちょっとしたコツ

 

コツと言って良いのかわかりませんが、日頃から不要と判断したものはどんどん捨てて、物を増やさないようにしています。

 

例えば、洋服でも1着新しいものを購入したら、最低1着は捨てるようにしています。

 

元々掃除があまり好きではないので、物をごちゃごちゃ置くのではなく、さっと掃除ができるシンプルでスッキリした部屋づくりを心がけています。

 

また、持ち物も本当に必要かどうかを常に考えて、1年使わなかったものは捨てる、 と決めて、実践しています。

 

「掃除がしやすい部屋」が日常的にできているので、引越しの時も不要なものから分ける必要はなく、今あるものは全部持っていくもの、という前提からスタートできるので、業者さんへの指示出しも楽でした。

アート引越センターで引っ越し(実際使った感想)

 

アート引越センターにて引っ越しをしましたが、仕事全てが早くて完璧だったので感動しました。

 

まず、一つ目に良かったのが見積もりの時です。

 

初めての引っ越しだったので、見積もりの事も分からなかったんですが、とても丁寧に対応してもらえたのでスムーズに進みました。

 

安く済ませたいという要望にも嫌な顔もしないで対応してくれました。

 

見積もりが成立したら、日にちを確認したら本部にすぐ問い合わせてくれ、時間帯を設定してくれ、荷物をこちらで片付けれるようにその日のうちにダンボールも用意してくれました。

 

二つ目は、引っ越し当日の業者の方の仕事の早さに感動しました。

 

時間通りに始まり、2人で大きいものをどんどんと運んでくれました。

 

確認事項もしっかりしてくれたので安心して任せることができたことです。

 

 

引っ越しは、コツをつかんでしまえばスムーズに終わると引っ越しの経験をして思いました。

 

まずは、あれもこれも手をつけてしまうと分からなくなり、余計に時間がかかるので一部屋ずつ手をつけるのが大切です。

 

早く終わりそうな所からやっていくと時間を無駄にしなくて済みます。

 

二つ目は、ダンボールに荷物を詰める前にその物が必要か必要じゃないかを判断するのも重要な事だと思いました。

 

要らないものまでダンボールに詰めてるといくらダンボールがあっても足りません。

 

また、要らない物を処分することで荷物が減るだけではなく、新居を片付ける時に綺麗に楽にできるからです。

 

少しでも簡単に片付けを終えるように後からの事を考えながら片付けるといいと思いました。

 

 

 

また、今回は依頼しませんでしたが、アーク引越センターも金額がお手頃かつ、営業の方の対応がとても良かったです。

 

実際使った知人の話だと、作業員の方もしっかりしており、威圧感があるような感じでは無いそうで…。

 

次はいつになるか分かりませんか、また見積もりしてみて検討してみようかなと思っています。

 

■参考サイト■
引っ越し業者のおすすめはアーク

 

アートで引っ越し後、騒音問題に遭遇してしまいました…

 

以前、友達からの紹介で知ったアートの引っ越しで引っ越した後の話です。

 

気づいたのは荷物の整理が終って新生活がようやく始まると思った時ぐらい。

 

ご近所に夫婦喧嘩の絶えない家庭があり、夜中に怒声や悲鳴はもちろんのこと、壁を殴る音だったりでなかなか寝付けない日々を送っていました。

 

夫婦喧嘩は仕方のないことかもしれませんが、私には小さな子どももいて何もされなかったですが心配でした。

 

エスカレートして警察がきたことも何度もあります。

 

機嫌がいいときは鼻歌歌ったりしてたんです。

 

機嫌の悪い時は、もう怖くて怖くて。

 

危害を加えられることは無いにしても、やっぱり怖いものです。

 

そういうお宅が実は2件あります。

 

もう1つのお宅は、夜中に窓全開で大音量で音楽やラジオを聞いています。

 

両方とも地域活動もしない、回覧板はまわさないといった具合いです。

 

回覧板については、まわさないと文句を言われるし、回したら却ってこなくなります。

 

私以外の住民の方も困り果てています。

 

 

 

アート引越し業者を最安値で利用できるおススメの方法

回覧板については戻ってこなくなるのでゴミ出しやお知らせのチラシを敢えてコピーしてポスト投函しました。

 

これについては、両家とも何もいってきませんでした。

 

その後回覧板を回しましたが戻ってきませんでした。

 

訪問すると知らないの一点張り。

 

もう回覧板は回せませんね。

 

夜中の騒音等については、お知らせチラシをつくり各お宅(集合住宅)へポスト投函しました。

 

すると、苦情がきました。

 

名誉毀損だの何だのいわれましたが、

 

「特定した名前も使ってないし、アナタですとも書いてません。これはお知らせチラシなので...。」

 

で帰られました。

 

夫婦喧嘩はまだ続いてますが、警察の方から「あまりにもひどい場合は連絡してください」といわれました。

 

その夫婦も警察に怒られたんでしょうね。

 

最近は暴れない程度に喧嘩してるようです(笑)